2020/11/25 18:09

急に寒さが増してきましたね。

今年のクリスマスはいつもと違ったクリスマス。

おうちでゆっくりと過ごしたり、ZOOMで仲間とつながるクリスマスパーティーをしたり。

クリスマスをより幸せな気分で過ごせるクリスマスリースをご紹介します。



リースは輪になっていることから、「永遠」を表すともいわれています。

また、日本でお正月にしめ縄を飾るように「魔除け」の意味もあると言われています。

リースを飾ると幸せな気分でクリスマスを迎えられそうな気がしてきませんか?


このリースは日比谷花壇でトップデザイナーとして活躍する、人気フローリストの荒木利恵が自ら制作するリースです。

ひとつひとつ丁寧に心を込めて制作するため、数量限定の特別なものです。


フレッシュ(生花)のリースで、レモンユーカリを使っているため、届いた箱を開けて深呼吸をしたらきっとその香りに感動するはず!

植物の癒しのチカラはすごいのです。


玄関のドアにマグネットフックをつければ簡単に引っ掛けることが出来ますし、テーブルに置いてキャンドルを一緒におけば簡単にお洒落なテーブルコーディネートが完成します。普段、何気なく目に入る壁面に飾るのもおススメです。




そして大切な人に直接会うことが出来ない今は、ギフトとしてもおススメです。

・友人へ

・パートナーへ

・お世話になった方へ

・帰省できない実家(義実家)へ

ギフトは相手の好みを考えて迷いがちですが、植物は誰にでも癒しと感動を与えてくれますよ。



ぜひ、このリースを自分へのご褒美として、ギフトとして飾ってみてください。


Designer 荒木利恵

@riearaki
https://www.instagram.com/riearaki/?hl=ja

熊本県出身。大阪芸術大学を卒業後、日比谷花壇へ。地元、九州や沖縄のホテルやゲストハウスを拠点に活動。2018年から神戸に拠点を移し、THE HK WEDDINGのクオリティを保持するアートディレクターとして日本中を飛び回っている。
遊び心を忘れない少女のように気さくで明るい人柄から、作風も色々なモノや色の組み合わせを試み、新しさを感じるデザインを得意とする。